聖天教のホームページ

聖天教のホームページ

プライバシーポリシー お問い合わせ
  • ホーム
  • 心得
  • 入会等のご案内
  • 言葉
  • お知らせ
  • 連絡先

お知らせ

2017年10月22日

予言の的中

 

この度行われた衆議院選挙に於いて

235人の立候補者を擁立した小池新党(希望の党)が

獲得議席僅か50議席のみという歴史的大惨敗を演じた。

また、自民党が大勝したが前回の選挙での獲得議席数290に届かず

という結果であった。

これにより

私が言葉の項に於いて

表題<年頭の予言>に記した以下の予言が的中した。

 

*その九、

衆議院選挙は来年行う。もし今年行えば自民党は勝利するがいつもながらの

得票になるが、来年ならば大勝する。

*その十、

夏、小池新党の惨敗

数年後、参画した議員等に訴訟が起こる事態に発展し、この事件が

メディアの存在を揺るがす大事件に発展するらしい。これを機に

テレビ局が衰退して行く。

 

私は今迄も微塵の誤魔化しも無しに

信徒の皆々ばかりか

国の枠を超え、我が聖天の予言をはっきりと示し

その殆んどを的中させて来ました。

故に多くは語るまいが

この度の的中は災害や人命にかかわった事では無い。

然るに

信徒の皆様に於かれては

私が聖天様から頂く予言の的中の頻度と具合は

創られショ-アップされたテレビのようなもの以外では

決して大げさでは無く

日本ではまず見た事も無いだろうし

そのような方は

私も見た事が無いものであって

それは

やはり我が聖天様から頂く稀有なる神通の御業の証明でもあるし

何より我が聖天教の御本尊様の御力の凄まじさを如何也と物語るものであるから

的中する度に皆に教化している事ではあるが

よくこの偉大な大神が時折

誠に有難くも御見せになる不思議な兆しを

聖天教の信徒として

私と伴に大いに共感し

その共感を通し、更に信仰を深め、曳いては御自分の成就と功徳の糧にして

一層信仰を深めていって欲しいと思います。

 

また、これ以外に的中している年頭の予言を

ついでではあるが書き記しておきます。

 

以下

年頭の予言

*その二、

ドイツ、フランス、またそれに留まらず欧州の民族主義の台頭。

*その五、

中東の問題であった国が壊滅衰退していく

*その六、

世界的にテロリズムは起こる。

それは銃乱射であったり、爆弾であったり、

日本でも報道でテロとは云わないが

電車が止まったり、不審火が起こったり、電気がストップしたりと

人為的としか思えない事件や

小規模ながらはっきりとしたテロ行為が頻発する。

*その十四、

イランとサウジアラビアが関係悪化を辿る。(核も視野に)

 

※欧州ではドイツ、フランスの選挙では民族主義を抑える事が出来たが

特にフランスでは選挙後その政治の失政から

再び民族主義が台頭しているらしいし、それは周りの旧ハプスブルク帝国

の国々に及びEUの存続を危ぶむ状態にあるという。

また、私だけでは無く信徒の皆々もそう思っていると思うが

今年に限ってこれは本当はテロではないのか?

という不信な事件が多発している。

航空機、電車、道路、火事、爆発、連日である。

それと中東のあの国が事実上壊滅したのに加え

トランプ大統領のイランへの発言からも

垣間見えるように

イランとサウジアラビアの緊張状態が大変増している。

 

合掌 聖天教教主兆象大宰

 

追伸

信徒の皆さんには常に

正直無垢な心を持ちながら

私と御本尊様に心を寄せて欲しいのです。

そして共感して下さい。

そして願うのです。

そして唱えるのです。

そこには必ず光ある功徳と成就があるはずです。

その素晴らしさの為に

私は予言の的中をもって

その素晴らしき一片を

兆しをもって

証明しているのですから。

故に私はこれからも

生きた神の力と己のこの神通の力を

たゆまなく

常に世に発し証明していく事でしょう。

※予言その十には夏と言う限定はあるが

*選挙当日は大きな台風があった、台風がある時期は夏の終わりと

言っても過言では無い。

*都議選の後に新に政党が出来、選挙を迎え歴史的惨敗を目の当たりにする事は

恐らく誰もが想像しなかった事であるから、的中の何ものでもない。

*夏前半の都議選は都民ファーストの会というあくまでも会派であって

今回行われた選挙は希望の党というはっきりとした国政政党である

聖天様の予言では小池新党としっかり「党」と言及して仰っているという事は

この予言は今回の選挙を差している。

等の

沢山の信徒様方の意見を受け的中と判断致しました。

また私も予言を感得した本人としてそう感じ的中と判断致しました。

選挙をまたにかけて列島を襲った台風が終わり

残りかけていた夏も完全に去っていった。

その夏の名残りに起きたこの予言の的中に私は驚愕を憶える。

これは聖天様が真に我々聖天教の者達に

共感を求めてらっしゃるのだなと感じずにはいられない出来事であった。

いや絶対にそうとしか

私は強く強く思えてならないのだ。

※予言の的中について指摘して下さった信徒の皆様には感謝申し上げる。

本当に有難う。

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る