聖天教のホームページ

聖天教のホームページ

プライバシーポリシー お問い合わせ
  • ホーム
  • 心得
  • 入会等のご案内
  • 言葉
  • お知らせ
  • 連絡先

  • 心得
  • 心得

注意ちゅうい言葉ことばをよくこと信仰しんこうすること徹底てっていしなさい。

聖天教教主しょうでんきょうきょうしゅ 兆象大宰ときかたたいさい

愛染尊天縁者厳守心得あいぜんそんてんえんじゃげんしゅこころえ

一、
一度縁いちどえんをもったら、おいそれとえんってはいけない。
一、
きよめ、不浄ふじょうとされる寝室しんしつ、また婦女子ふじょし忌服きふくときなどはご祈祷きとうたのむのはいいがおがむのは遠慮えんりょすべし。
一、
毎日まいにち愛染尊天あいぜんそんてんへの礼拝らいはいいのちがけでつとめること、一心不乱いっしんふらんしんじ、たゆまなくすがること夢々疑ゆめゆめうたがってはいけない。
一、
尊天 そんてん仏像ぶつぞうまつらない。
一、
愛染尊天 あいぜんそんてんけっして裏切うらぎらず、ただ純真じゅんしん尊崇そんすうするまこと信念しんねんこそ功徳くどくをいただく早道はやみちであり、本当ほんとう信仰しんこうである。
一、
結果けっか愛染尊天あいぜんそんてんみちびきにまかせてしとすること、熱心ねっしんもの愛染尊天あいぜんそんてんいなとは絶対ぜったいわない。
一、
教主きょうしゅこころから尊敬そんけい尊崇そんすうし、おはなしをするとき愛染尊天様あいぜんそんてんさまだとおもいおはなししをすること教主きょうしゅへのこころからの純真じゅんしん尊敬そんけい尊崇そんすう意思疎通いしそつう感応道交かんのうどうこうをうながし功徳くどく早道はやみちとなる。
一、
つねにご祈祷きとうまもりをむねに、ここぞというときかなら教主きょうしゅちからりること。
一、
祈祷きとう奥義おうぎ三力冥合さんりきみょうごうにあるので、愛染尊天あいぜんそんてん教主きょうしゅ気持きもちに自分じぶんでもちかづくことを心掛こころがけること。
一、
不倫ふりんなど無理むりねがいをするときは、十一面観音じゅういちめんかんのんとく供養くようすること。
一、
心願成就しんがんじょうじゅあかつきには、愛染尊天あいぜんそんてんへの感謝かんしゃ気持きもちをわすれずかならずお布施ふせによるおれいをすること。愛染尊天あいぜんそんてんたいする感謝かんしゃ気持きもちをわすれたものは二度にど功徳くどくをいただけなくなる。また成就じょうじゅ階段かいだんのぼものも、すこしでも功徳くどくかんじたり、またはいただくまではつねおなじような気持きもちをつことが成就じょうじゅ早道はやみちである。
一、
愛染尊天あいぜんそんてんへの感謝かんしゃれいは、百味供養ひゃくみくよう大般若経転読だいはんにゃきょうてんどく無理むりねがいをしたもの十一面観音じゅういちめんかんのんへの供養くようわすれてはいけない。
一、
愛染尊天あいぜんそんてんのご縁日えんにちもの布施ふせなどをわすれず、にら、にんにく、らっきょう、ねぎ、ひる、蓮根れんこん、きのこのたぐいなし、みかんのたぐい四足しそくけること
一、
約束やくそくまりをやぶったものは教主きょうしゅたのみ、愛染尊天あいぜんそんてんあやまほうすみやかにたのむこと。
一、
昨今さっこん尊天そんてんこわくないとうそぶ信徒集しんとあつめをする戒律かいりつまもらぬてらおおいが、尊天そんてん約束決やくそくきまりをやぶったものには古来こらいからわれる尊天そんてん厄災やくさいかならこる。そのなかでも愛染尊天あいぜんそんてんいかりはすこぶるすさまじいものである。愛染尊天あいぜんそんてんおそれられる由縁ゆえんである。しかしながらそうむずかしいまりはことかんがえるとあいすべきてんであるから、夢々裏切ゆめゆめうらぎらないように。
一、
聖天教しょうでんきょう御本尊ごほんぞんであられる愛染尊天あいぜんそんてん富貴ふうきばかりかあいまでも自在じざいとする唯一無二ゆいいつむにめずらしい尊天そんてんであるから、えんをもったことをほこりとし、おかれた社会しゃかい愛深あいふかきるべし。

少々しょうしょう商業的しょうぎょうてき現代げんだい宗教観しゅうきょうかんからすればあたまをもたげるかもしれないが、聖天教しょうでんきょう御御本尊愛染聖天ごほんぞんあいぜんしょうでん信仰しんこうはどんな無理むり個人こじん心願しんがんをもかなえることを約束やくそくされておる古代的こだいてきかつ特殊とくしゅ信仰しんこうであるから、どんな神仏しんぶつたのんでもかなわなかったもののみがあえて神仏しんぶつであり信仰しんこうであるから理解りかいするように。
しかしながら、古今東西ここんとうざいわず、歴史上れきしじょう偉人いじんから現代げんだい日本にっぽん代表だいひょうする経済人けいざいじん芸能人げいのうじん等世らよ突出とっしゅつした成功者せいこうしゃしんずる神仏しんぶつであること事実じじつであり、最後さいごたのみの神仏しんぶつとこだわるのは浮世うきよきるものからすればいささかもったいないかた神仏しんぶつである。

一般いっぱん大聖歓喜天使だいしょうかんぎだいてんとは

世間一般せけんいっぱんわれます大聖歓喜天だいしょうかんぎてん(だいしょうかんぎてん)とは、通称つうしょう聖天しょうでん(しょうでん) 尊天そんてん(そんてん)などとよばれる仏様ほとけさま単身たんしんのものと男天だんてん女天にょてんっている双身そうしんのものと二種にしゅのお姿すがたほとけがおられるが、単身たんしんのものは男天だんてんであって非常ひじょう短気たんきであり、すぐかなえるが急転直下破滅きゅうてんちょっかはめつさせてしまうとまでいわれていて、その功徳くどくのありかたからもこのまれない。しかし、わたし、また皆様みなさま信奉しんぽうしておる尊天そんてん双身そうしんでありくわしくは双身大聖歓喜天そうしんだいしょうかんぎてんといって、男天だんてんやさしくつつむように、慈愛じあいかみである十一面観音様じゅういちめんかんのんさま化身けしんである女天にょてんっている。この姿すがたこそ、この真理しんりをそのお姿すがたそのものにめられておられる完璧かんぺきなまでの非常ひじょうすぐれたかみでありほとけなのです。森羅万象しんらばんしょうおとこおんないんようひかりかげ密教みっきょうにおいては金剛界こんごうかい胎蔵界たいぞうかい世界せかい世界せかい)このようなかたいお姿すがたからもおわかりのように、その功徳くどくはどこまでも、細部さいぶにまで微妙びみょうなまでの細工さいくほどこした不思議ふしぎ奇跡きせきしてくださいます。ですからこの双身そうしんのお姿すがたをされているほとけ最終さいしゅうとうとほとけなのです。
そのかずある尊天そんてんのなかでもとくあいちからすぐれるたるばかりか、尊天そんてんなかおうかみなか大神おおがみ皆様みなさま信奉しんぽうする
愛染大聖歓喜天あいぜんだいしょうかんぎてんなのであります。
愛染尊天あいぜんそんてんはその男女だんじょ抱擁ほうようのお姿すがたからもうすでにあいかみである愛染明王あいぜんみょうおうはるかにあい功徳くどくにおいてしのいでおりますが、くわえて愛染あいぜんちからくわえ、性格せいかく加味かみされ、より愛染あいぜん功徳くどくらしめるかみであり、その強大きょうだい神力しんりょくくらべれば、一般いっぱん尊天そんてん愛染尊天あいぜんそんてんたたえるまるでみんごとくくであるとわれております。
愛染明王あいぜんみょうおうには天弓愛染明王てんきゅうあいぜんみょうおうわれるお姿すがたがあるように愛染大聖歓喜天あいぜんだいしょうかんぎてんてきほろぼす功徳くどくにもすぐれているとわれております。
この大神おおがみ日本にっぽん唯一ゆいいつつの秘仏ひぶつでございます。
ですから心得こころえにもきましたがよく信奉しんぽうなさることをおすすめいたします。
また一般いっぱんわれるこの尊天そんてんというほとけは、金胎両部こんたいりょうぶ教主きょうしゅぜんてのほとけはは密教最期みっきょうさいごとりで呪術じゅじゅつ世界せかいにおいて最高峰さいこうほうといわれる密教みっきょうにおいて最高さいこうちからちこのほとけたのんでかなわない場合ばあいあきらめろとわれるほどのほとけという意味いみ)とわれ弘法大師こうぼうだいし奇跡きせきたいのならこのほとけみぎにでるほとけはなく、このほとけたのめとよわれた、呪術じゅじゅつにおいて最高さいこう、そしていたほとけです。
ふるくは西洋せいようでは唯一神ゆいいつかみさからった大天使だいてんし、インドでは悪魔あくまなか悪魔王毘那夜迦あくまおうびなやかわれ、大変たいへんわるさをして人々ひとびと阿鼻叫喚あびきょうかん坩堝るつぼおとしいれていた毘那夜迦様びなやかかさま十一面観音様じゅういちめんかんのんさまどうじお姿すがた女天にょてんわられちかづいたところ、わたしのものになってくれ、なってくれたらなんでもうことをこうとおっしゃたので、十一面様じゅういちめんさまはそれならば仏教ぶっきょう帰依きえなされ、そのどの神仏しんぶつまさるおちから仏教徒ぶっきょうとためにお使つかくださるならわたしげましょうとわれたので、よろこんで十一面様じゅういちめんさまをおむかえなさったというおはなしもあり、または大日如来だいにちにょらいいままでの仏法ぶっぽうんでからでないと証明しょうめい出来できないものばかりだ、これではみながかわいそすぎる、みなきているうちに仏法ぶっぽうちかららしめ、かれているおしえはただしいものであるから安心あんしんして善行ぜんぎょうかわしめたいという理由りゆうで、人間界にんげんかいちか神世界かみせかいに、尊天そんてん男天だんてんとして変化へんげしておあらわれになられ、菩薩ぼさつ世界せかいより慈愛じあいかみである十一面観音様じゅういちめんかんのんさまが、そのつよすぎる現世利益げんせりやくちから慈愛じあいちからつつやわらげるために、これも女天にょてん変化へんげ神世界かみせかいあらわ合一ごういつししたのだともわれている。ゆえかずあるほとけなか唯一ゆいいつ現世利益げんせりやくほとけ免状めんじょうち、それだけにまじなかえしがいのだととも説明せつめいされかたがれている。
仏教ぶっきょうでは一番低いちばんひくかみ世界せかいにおられながら、なぜか最高さいこうあがめられる秘教ひきょうほとけなのである。
事実じじつ歴史上れきしじょう天皇家てんのうけはじめとして、貴族きぞく大名だいみょうなどみなこのほとけ帰依きえし、領民りょうみんにもおがませず、ましてや家臣かしんにもそうしながら、自身じしんため自身じしん家族かぞくためにだけおがんだほとけであり、一代いちだいざいきずいた日本にっぽん歴史上れきしじょう著名人ちょめいじん歌舞伎かぶきなどからたんはっ現代げんだい芸能人げいのうじんなど著名ちょめいかた信者しんじゃおおことられるほとけである。

まずは参考さんこうまでにっておかれるといい。
                   合掌がっしょう